意外な中古一戸建て住宅選びのポイントとは

近年中古一戸建て住宅の人気が出てきています。その理由は、ローンが組みやすくなったことや築34年程度の住宅なら耐震性などの基準をクリアしていることなどが挙げられます。中古一戸建て住宅を選択肢の一つと考える場合にはできるだけ失敗をしないようにしたいところです。そのために気を付けることは何でしょうか。 その一つに挙げられるのは住宅に瑕疵がないかどうかです。中古一戸建て住宅といっても様々な住宅があります。例えば、築10年以内の比較的新しい住宅もあれば、築30年以上が経過したような住宅もあります。その中でも建物が傾いているとか耐震性に問題があるとかの瑕疵がある建物もあります。購入してから瑕疵保険に加入する不動産会社もありますが、瑕疵保険に入っていない不動産会社もありますので、事前に瑕疵があるかについての検査をしておいた方がいいでしょう。そのためには専門機関にお願いをして検査してもらい、住宅性能評価書を出してもらいます。費用は5万円ほどになりますが、住まい給付金を申請する時にも必要になりますので住宅性能評価書は出しておいた方がいいでしょう。 それ以外にも土地の地盤がしっかりしているかを調べておくべきです。特に近年は大きな地震が多発していますので、備えは必要になります。

高槻市 一戸建ては六甲不動産販売 3010 6/4

Copyright ©All rights reserved.意外な中古一戸建て住宅選びのポイントとは.